玉城知事は先ほど会見を開き、県独自の緊急事態宣言について、予定通り2月28日で終了し、3月1日から解除すると発表しました。

県独自の緊急事態宣言の期限が迫る中、県は27日に対策本部会議を開き、宣言を解除するかなどを議論しました。

玉城知事は「県の警戒レベルを第4段階から第3段階に引き下げ、緊急事態宣言をあすで終了します。あわせて県内の飲食店等に対する営業時間短縮要請も終了することも決定しました」と述べ、県内の感染状況が改善傾向にあることなどから緊急事態宣言を2月28日で終了し、3月1日から解除すると発表しました。

ただ、宣言解除によって今後、人の流れが増え、感染者が再び増加する懸念もあることから、引き続き飲食の場などでの感染対策の徹底を求めました。

県独自の緊急事態宣言 予定通り2月28日で終了

新型コロナ1人死亡 新規感染19人うち1人再感染

一方、新型コロナウイルスに感染し、入院していた那覇市の90代の男性が死亡したことがわかりました。新型コロナによる死亡者の累計は119人となりました。

また27日、県内で新たに10代から60代の男女合わせて19人の感染が確認されました。このうち30代の女性は、2020年8月にも感染していて、県内で6例目の再感染です。

新型コロナ1人死亡 新規感染19人うち1人再感染