山城アナ:楽園の海。案内は、水中カメラマンの長田勇さんです。今回のテーマは「甲殻類特集」です。

長田さん:甲殻類といえば、エビやカニなどの生き物が含まれます。

山城アナ:エビとカニ!どちらも大好物です(笑)

長田さん:それ、食べる方ですよね?僕も大好きですが、今回は、海の中で生活しているエビやカニをお見せしたいと思います。

山城アナ:たのしみです(笑)それでは見ていきましょう。

長田さん:甲殻類を探すには、夜の海に潜るか、このような洞窟に入るのが一番なんです。

山城アナ:どうしてですか?

長田さん:明るいところを苦手とする生き物が多いからです。

山城アナ:そうなんですね~。

長田さん:イセエビの中で沖縄で見られるのは、こちらのカノコイセエビ。

楽園の海 甲殻類特集

山城アナ:大きい!立派!!

長田さん:そしてこちらは子供のカノコイセイビ。大人になる前は、触覚が真っ白。子供は滅多に、お目にかかれないんですよ。

長田さん:続いては、洞窟のかなり奥へ入った暗い所で発見した、個体数の非常に少ないエビ。オクノスベスベオトヒメエビという正式な名前が、最近ついたそうです。滑舌の悪い私にとっては、天敵です。(笑)特徴は、なんと言ってもハサミの色です。通称ホワイトハンドと、呼ばれています。

長田さん:さて続いて。怪しい動きをする生き物発見しました!!正体は、海綿を後ろ足で掴みながら歩く、カイカムリです。

山城アナ:重くないんですかね?

長田さん:軽くはなさそうですよね。沖縄で見られるカニの中でも最大級の大きさで、20cmほどあります。それでも、持ち上げている海綿の方が大きいですね。

山城アナ:なんかちょっと奇妙ですね。すぐ天敵に見つかりそう(笑)

長田さん:確かに。

長田さん:つづいては、大きなエビを紹介します。サンゴの下に隠れていますね~。

山城アナ:頑丈そうな見た目ですね!!

長田さん:そうですね~。高級食材としても有名ですが、最近はかなり数が減ってきているようです。これ夜に撮影してるんですけど、日中はまず見かけないエビなんです。このエビ、形がそのまま名前になっているのですが、わかりますか?

楽園の海 甲殻類特集

山城アナ:ん~~~。ゴキブリ・・・?

長田さん:さすがにゴキブリでは・・・

山城アナ:はい!!スリッパ!!!

長田さん:なかなかいい線いってますよ。実は、セミエビって名前がついてるんですよ。一般的にカニは横に歩きますが、エビは前に進みます。

山城アナ:後ろにも進むんですか?

長田さん:たまにありますが、後ろにはねているときのほうが多いんです。こちらは、アシビロサンゴヤドリガニ。

楽園の海 甲殻類特集

山城アナ:うわぁ~小さい。セミエビを見た後だとすごく小さく感じますね~。

長田さん:体長、2~3mmしかないカニ。スリバチサンゴにいることが多く、明るい所で見られます。そしてこのカニは、前にも進むんです。

山城アナ:ほんとだ!!

長田さん:もちろん、食事もします。

山城アナ:ハサミで掴んでいるのは何ですかね?

長田さん:撮影していてもさっぱりわかりませんでした。

長田さん:こちらは、細長い足が印象的なエビ、ホシゾラワラエビ。体だけ見たら、カニっぽいですよね。

楽園の海 甲殻類特集

山城アナ:クモにもみえます。

長田さん:面白い体ですよね。尻尾が長ければエビ、尻尾が短ければカニと分類するんですが、このホシゾラワラエビは、なんとヤドカリの仲間だそうです。

山城アナ:えっ!!!

長田さん:カニに見えて、名前はエビ。そして実際はヤドカリって。分類って難しいんです。

長田さん:最後は、なかなかお目にかかれないエビを紹介しましょう。岩陰に潜んでいたのは、ゴシキエビ。

楽園の海 甲殻類特集

山城アナ:迫力ある顔ですね!!

長田さん:はい。大きさは35cmほど。沖縄でも、見る機会が減ってきたエビなので、なるべく漁師さんに捕まらずに、繁殖してほしいな~と、個人的に思ってます。

山城アナ:大小さまざまなエビやカニがいて、面白いですね~。

長田さん:最後に紹介したゴシキエビはかなりおいしいので、今回撮影した場所は山城アナさんに教えません!!

山城アナ:なんで!?

長田さん:勝手に獲って食べてしまいそうなので、場所は内緒にしておきます(笑)

山城アナ:終わったあとにひっそりと教えてください。

長田さん:それもダメです。

山城アナ:えっ!!!今回も貴重な映像ありがとうございました。以上、楽園の海でした。