琉球朝日放送社内で複数の新型コロナウイルス感染者が確認され、ご心配をおかけしています。現在の状況をお伝えします。

感染が確認された4人のうち、1人は「陰性」が確認され27日、退院しました。発熱の症状があった3人は現在も入院中です。

感染が確認されたスタッフは、いずれも本社勤務だったため、これまでに3回、本社内の全フロアの消毒を行いました。また、保健所により「濃厚接触者」と認定されたスタッフは「陰性」確認後、全員、自宅待機としているほか、保健所の検査対象とならなかった出演者やスタッフのべ195人のPCR検査を、民間の検査機関に委託して行いました。

現在、取材や撮影を行っているのは、濃厚接触者以外で「陰性」が確認されたスタッフと、本社に出入りしない通信員です。

QABでは、外部の方にご出演いただく一部の番組を休止するとともに、引き続き、早期収束に向け取り組んでまいります。

新型コロナ QAB社員1人退院