北谷町で宿泊業を展開する企業などが共同で、民泊やホテルのフロント業務を無人化するシステムを開発しました。

「スマートフロントムジン」は、県のアジアITビジネス活性化推進事業の補助をうけ、宿泊業を展開するユナイテッドコーポレーションと、ITプロダクトを開発するゴールドバリュークリエーションが、共同で開発したものです。

宿泊施設は、専用端末を設置することで本人確認や入室キーの受け渡しなどのチェックイン業務を無人で行うことができ、業務の効率化や人件費の削減に効果が期待できるということです。またコンビニエンスストアで宿泊費の支払いや入室キーの受け渡しもできるということです。

ユナイテッドコーポレーションの山田亮社長は「観光業は、三密を避けるのが必須になる」とし、セルフチェックインのシステムを全国に広げていきたいとしています。

ロント業務を無人化