読谷村の漁港が大漁に沸きました。刺身でも、焼いても美味しいカマジーガーラが2020年一番の水揚げです。

13日昼前、読谷村の都屋漁港に水揚げされた沢山のカマジーガーラ。(和名・ロウニンアジ)13日は約5トンの大漁で、大きいものでは約30キロもありました。1匹、1万円程で取引されるとあって、漁港も活気づきました。

金城肇読谷漁協組合長「量的には2020年1番の量になります。2019年はトータルで12〜13トンだった。2020年はトータルで7トン位なのでまだもう少し入るかなと思います」

刺身でも、煮つけでも、塩焼きでも美味しいと人気のカマジーガーラは、14日から読谷漁協でも販売されるということです。

読谷村の漁港 カマジーガーラが大漁