2019年10月の火災で焼失した首里城の再建に役立ててほしいと、豊見城市が集めた寄付金約1億3800万円が県に贈られました。

6月16日に県庁を訪れ、玉城知事に寄付金・約1億3800万円の目録を手渡したのは豊見城市の山川仁市長。

豊見城市では2019年11月から市役所の窓口に募金箱を設置したり、地域の祭りや商店街などで呼びかけたりして、県内外から募金が集まったということです。

玉城知事は再建へ向け、しっかりと活用したいと感謝していました。

豊見城市が首里城再建で集まった寄付金を県に贈呈