全国知事会議が、4日、ウェブ会議で行われ、新型コロナの再流行に備えた対策などが話し合われました。

会議では、全国知事会の飯泉徳島県知事が、「コロナで得た様々な知見を集約し再度分析して再流行に備える時期」と述べ、新たな局面を作り上げていきましょうと呼びかけました。

また、沖縄県の玉城知事は、県経済回復に向けた県の基本方針について報告しました。

玉城知事「安全安心の島沖縄の構築と県民の事業と生活を維持し、将来を先取りした経済の礎を築く取り組み、この2つを軸といたしまして、4段階のフェーズごとに対策を移行させていくものとなっております」

このほか、全国知事会としては、地域の必要な対策が円滑に行えるよう、国に財政面の強力な支援を求めることを確認しました。

全国知事会 新型コロナ再流行の対策を検討