新型コロナの感染予防に役立ててもらおうと、県内の量販店が1万枚のマスクを寄贈しました。

株式会社ビッグワン・玉城智彦常務「少しでも県民の皆さん地域のお客様に役立ててほしいと思い、今回こういう形になりました。」

ディスカウントショップを経営する「ビッグワン」はオリジナルマスクの生産を始めたことから、1万枚のマスクを県に贈り「少しでも早く前の日常に戻ってほしい」と激励しました。

受け取った県の担当者は「コロナは長期戦なので今後に備えて備蓄し活用していきたい」と感謝しました。