新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めようとさきほど、県独自の”緊急事態宣言”を出しました。

さらに県は政府に「特定警戒都道府県」として位置付けるよう要請する方針です。

玉城知事「まさに今が感染拡大を食い止める瀬戸際です。このような重大な局面にあることを県民のみなさまに伝え、県として感染拡大防止に全力で取り組むため”沖縄県緊急事態宣言”を発出します」

きょう玉城知事は新型コロナの感染拡大を食い止める今が瀬戸際であるとしてきょう県独自の緊急事態宣言を出しました。

これにより、PCR検査体制の充実や離島の医療提供体制の整備などをはかるとともに、拡大防止対策として、飲食店などへの緊急支援金の支給のほか、中小企業などの事業継続や雇用の維持をはかるために事業全般に活用できる給付金の検討を始めます。

県独自の緊急事態宣言の発表は休業を余儀なくされる飲食店など、企業や事業者へ協力を求めることで大型連休を前に県民への不要不急の外出を控えることをさらに強く求める狙いがあると考えられます。

一方、県内ではきょうも新たに6人の感染が確認されました。これで、県内の感染者数は121人にのぼっています。

新型コロナ県が独自の緊急事態宣言