OIST沖縄科学技術大学院大学が、新型コロナウイルスの感染予防に効果が高いとされる医療用の「N95マスク」に類似したマスクの製作方法を発見し、反響を呼んでいます。

新型コロナウイルスの予防に効果が高いとされるN95マスクが世界中で不足している問題に光が差すかもしれません。

OISTで物理学を研究しているインド人のマヘッシュ・バンディ准教授が発見したのは、なんと、わた菓子を製造する機械をわずかに改造することで「N95マスク」の類似品として使えるマスクを製作する方法です。バンディ准教授は「この発見が世界中の人の安全につながってくれれば」と述べています。

まだ研究の途中ですが、世界からの関心は高く、詳しい製造法については、OISTのホームページから見ることが出来ます。