金城キャスター:楽園の海、案内は水中カメラマンの長田勇さんです。今回のテーマは『水面から見える世界』です。

長田さん:今回は手のひらサイズの小さなカメラを持って、水面から見える世界を撮影して来ました。

金城キャスター:小さなカメラでの映像気になります!早速見て行きましょう!

長田さん:まずは大度浜海岸へ。冬は、ほぼ貸切状態で遊べます。

金城キャスター:天気も良くて綺麗ですね。

長田さん:様々な種類のサンゴや小魚を見る事が出来るんですよ。でも今回は小さなカメラなので、沖合まで移動して水面から中を覗いてみました。水深10mあたりでイチャイチャしているダラトビエイのペアを発見。

金城キャスター:エイもこんなに間近で見れるんですね。

長田さん:真上から観てても近く感じますよね。水面からしばらく観察していると・・・私の存在に全く気づいてないのか、どんどん浅瀬に移動してきました。

金城キャスター:こんなに近くまで来るんですね。

長田さん:しかし私に気づいた瞬間、逃げて行きました。

金城キャスター:大慌てでしたね。ほんとに気付いてなかったんですね。

長田さん:続いては、奥武島の内海へ。ここでも、タンクは背負わずに、水面から撮影します!水深1mのところに、シマハギの群。

金城キャスター:仲良く泳いでいて可愛いですね。

長田さん:岩についた藻などを餌にしているので、このような浅瀬でもよく見られます。さらに水深1m20cmのところには、綺麗なサンゴ礁が広がってました。フィンで蹴ってしまわないか心配になるくらい浅いところに、サンゴ礁とデバスズメダイ。

金城キャスター:水面からでも見応えがありますね!

長田さん:はい。充分に堪能できます。続いては、恩納村の真栄田岬へ。指を鳴らすだけで集まってくれる魚がいっぱい。ここは、ダイバーも多い場所なので、深い所から、たくさんの泡が上がってきます。

金城キャスター:なんだか大きな泡が生き物みたいでビックリしますね。

長田さん:気がつけば私も泡まみれになってしまいました。冬の割には、キビナゴもたくさんいましたよ。

金城キャスター:キラキラしていて綺麗ですね!

長田さん:久しぶりに青の洞窟にも行ってきました。今では沖縄一のシュノーケリングスポットになってますが、冬はお客さんの数も少ないので、タイミングがよければ貸し切りで遊べます。

金城キャスター:貸し切りだと特別感があって良いですね。

長田さん:洞窟の奥へ入って行きました。水面から天井までは、およそ4m。ライト無しでも真っ暗ではないので、安心に遊べる場所なんです。定番のリュウキュウハタンポとも出会えます。

金城キャスター:こんなに沢山いるんですか!

長田さん:洞窟の1番奥に到着。足もつくので一旦、休憩できます。帰りはそのまま引き返すんですが、帰りの方が綺麗な景色を堪能できます。最後は、有名な記念写真撮影スポットへ。

金城キャスター:シュノーケリングでもこんなに楽しむことが出来るんですね!

長田さん:はい。「ダイビングはちょっと怖いし難しそう」って思う方多いと思うんですが、タンクなしでもこれだけ魚に出会えるので、ぜひ海に遊びに行って下さい。

金城キャスター:長田さん今回も貴重な映像ありがとうございました。以上、楽園の海でした。