新型コロナの影響で生じた様々な問題について、沖縄弁護士会では相談を受け付けています。

沖縄弁護士会では、新型コロナの影響で売り上げが減少したり、資金繰りが悪化したりして困っている人たちをサポートしようと法律相談に応じています。

職場で自宅待機を命じられたが給与はどうなるのか。イベントが中止になったがチケットの払い戻しはどうなるのかなど、各地で起きている問題について法律の専門家が相談にのります。

電話番号はこちらの2つになっています。

・事業者向け「ひまわりホットダイヤル」:0570-001-240

・労働問題・生活保護など:098-865-3737

弁護士会では、市民の支援に全力で取り組んでいきたいと話しています。