新型コロナウイルスの感染拡大により、県内の多くの企業が事業活動に「影響がある」と答えていることがわかりました。

東京商工リサーチは、3月2日から8日にかけて県内の153社を対象にアンケートを実施しました。

その結果、新型コロナウイルスの発生により、事業活動に「すでに影響が出ている」「今後影響が出る」と回答した企業は全体の89%に上りました。先月の調査では「なんらかの影響がある」と答えた企業は56%で約1カ月で33ポイントも上昇していることになります。

産業別にみてみますと、特に製造業や建設業、卸売業で売り上げの減少やイベントの延期、中止の影響を訴える回答が寄せられているということです。

県内企業 「新型コロナの影響ある」89%