行方がわからなくなっていた40代の男性を早期に見つけることができたとして、発見した男性らに警察から感謝状が贈られました。

感謝状が贈られたのは、エフエム沖縄の長濱弘忠さんと琉球大学の准教授岩崎公典さんの2人です。

2月4日の夕方、宜野湾市我如古に住む40代の男性が自宅を出たまま帰ってこないと家族が警察に捜索願を出していました。これを受け、エフエム沖縄がラジオの番組を通じて情報提供を呼びかけたところ、与那原町で足を引きずりながら歩く男性を岩崎公典さんが見つけ無事、保護できました。

琉球大学岩崎公典准教授は「黒い上着に青いジャージ、ヘッドギアが決め手になりました」と話していました。

宜野湾警察署の照屋隆署長は「地域の目の有難さを改めて感じた」と感謝していました。