夏の甲子園に向けた前哨戦が始まります。3月20日に開幕する県高校野球春季大会の組み合わせ抽選会が行われました。

北中城村で行われた組み合わせ抽選会には、出場チームの監督やキャプテンなどが出席しました。春季大会には64校59チームが参加します。うち合同は3チームです。沖縄尚学をはじめ、秋の県大会ベスト4がシード校です。

また今大会からは、1人のピッチャーの球数が1週間に500球以内と制限されます。

県高野連の岩﨑勝久会長は冬場のトレーニングの成果を披露する場であり、甲子園出場を競う夏の県大会に繋げてほしいと激励しました。

大会は3月20日から始まり2019年につづき開会式は行われません。北谷・那覇・宜野湾の3球場で試合が行われ、日程が順調に進めば4月5日に決勝戦が行われます。

県高校野球組み合わせ抽選会