年末年始にかけて注意が必要です。酔っ払った人が路上に寝てしまう「路上寝」に注意を促そうと、石垣市で写真展が開かれています。

石垣市役所の玄関ロビーで企画されているのは、路上寝写真展。展示されているのは2019年、八重山警察署の警察官が、石垣市内で撮影した路上寝の現場写真18点です。

酔っ払って車道の中央で寝る人。自転車ごと道路に倒れ込み、そのまま寝てしまった人。中にはなぜか全裸の人も。写真には重大な事件・事故につながりかねない危険な「路上寝」の実態が写し出されています。

八重山警察署管内では2019年、路上寝の通報が654件、それに伴う窃盗も4件発生しています。また沖縄県内では路上寝による死亡事故も3件発生していて、警察では年末年始に向け、注意を呼び掛けています。

八重山警察署生活安全課の玉城雄兵係長は「年末年始は飲酒の機会が多くなります。酒を飲みすぎてしまって、路上寝をしてしまわないように、適正飲酒を心掛けるようにしてください」と話していました。

写真展は、12月27日まで開かれています。