離島で感染症患者が見つかった際の本島への患者搬送訓練が、12月2日行われました。

訓練は検疫所と病院、そして航空機を利用した救急活動を行うMESHサポートが連携し、初めて実施したものです。

訓練では、宮古島に入港したクルーズ船からエボラ出血熱に感染した疑いがある患者が見つかったことを想定し、航空機などを使って琉大付属病院まで搬送するというものです。

宮古島など県内の離島地域には重症化する感染症に対応できる病院がないことから、2019年3月、MESHと検疫所は本島内の2つの病院に搬送する協定を締結しています。

那覇検疫所の垣本和宏所長は「役割分担も確認できた」とした上で、今後の課題も見つかったと訓練の意義を語っていました。