玉城知事と県職員が、事業を運営する法人と契約前日に会食していた問題で、県政野党は百条委員会の設置を求める動議をいったん取り下げました。

県政野党側は、県議会の議会運営委員会に玉城知事の会食問題をさらに追及しようと、百条委員会の設置を求める動議を出していました。県政野党は与党と足並みをそろえて百条委員会を設置しようと調整を続けてきましたが、与党側が野党側の意向をくみ取ってくれないと反発し、提出していた動議を取り下げました。

休憩中のやり取りでは…自民党・島袋大県議「与野党関係なしに県民が知ることである。県議会が調整して何度でも打診して、説明したいと言ってきた。結果は聞く必要はないで終わった。こんな手続きのあり方があるのか?」

社民・社大・結連合・照屋大河県議「積み重ねてきた意見は私たちとして確認しているんだということで手続きが出たうえで改めて判断させてほしいと話をした。」

野党側は、来週15日の県議会最終本会議で改めて百条委員会の設置を求める動議を出して議会の判断を仰ぐことにしています。