10月は臓器移植普及推進月間です。那覇市で、臓器移植についての理解を深めてもらおうと街頭キャンペーンが行われました。

このキャンペーンは臓器移植に関する理解を深めてもらおうと、10月の臓器移植普及推進月間に合わせて毎年行われています。パレット前では、ミス沖縄スカイブルーの玉城真由佳さんらが、うちわやティッシュを配って、臓器提供に関する意思表示を行うよう呼び掛けました。

沖縄県保健医療福祉事業団・仲間貴享主査「国民の7割くらいの方が臓器移植について関心があるとアンケートでは答えているが、その中でも臓器提供の意思表示をしている方はまだ1割ちょっとという状況にあります。」

27日には、沖縄県立図書館で臓器移植を考えるシンポジウムが開かれます。