今月26日に九州・沖縄犯罪被害者大会

事件や事故に巻き込まれた被害者やその家族などで作る「犯罪被害者連絡会」の大会が今月26日那覇市で開催されます。

みどりの風・松永まり子会長「一般の方々に私たち犯罪被害者の苦しみ、またその実情を感じ取っていただきたいということです」

事件や事故の被害者やその家族などを支援する「みどりの風」では、8年前から被害者などと交流会をスタートさせ、沖縄での大会は2016年以来2回目となります。

今回の大会には2016年の12月、宜野湾市で起きた交通死亡事故で亡くなった当時小学1年の屋宜奏花さんの父司さんが登壇し、これまでの思いを語るなど、県内の被害者家族が講演するいうことです。

大会は今月26日、那覇市のホテルサンパレス球陽館で行われます。