続いてはQプラスのキャスターが県内各地を歩く「お散歩プラス」です。沼尻キャスター「今回は、私が頼もしいガイドとともに八重瀬町をお散歩してきました!」

沼尻キャスター「さて、きょうのお散歩プラス、舞台は八重瀬町なんですがなぜか集合場所が糸満なんですよね。」

崎原真弓さん「沼尻さん、てぃーだ観光の崎原ですきょうは宜しくお願いします。」

今回、八重瀬町を案内をしてくれるのは崎原真弓さんです!

沼尻キャスター「きょうは八重瀬町を回るということなんですがなぜ集合場所が糸満なんでしょうか?」崎原真弓さん「きょうはこのバスでご案内しようと思います。」沼尻キャスター「なるほど!バスで!」

実は崎原さん、この道30年以上のバスガイド。一人芝居から空手の演武まで、1人何役もこなしながらお客さんを惹きつけるその姿からついた呼び名は「スーパーバスガイド」!その崎原さんがおととし糸満市に設立したバス会社が「てぃーだ観光」なんです。

崎原真弓さん「それでは八重瀬ちむぐくるの旅へ出発いたします!発車…?(2人で)オーライ!」

ということで、今回はお散歩プラス初のバスツアー!出発後すぐに、崎原さんがスーパーバスガイドたるゆえんが…

きょうはわざわざこのてぃーだ観光バスに乗っていただいてありがとうねぇ

おばぁに変装した崎原真弓さん「きょうはわざわざこのてぃーだ観光バスに乗っていただいてありがとうねぇ。 おばぁもお会いできてとてもうれしく思っていますよ。」

歴史を語る、おばぁに変身です。崎原真弓さん「じゃあまた後でこの話はしましょうね。おばぁの話は長いからね、ご清聴ありがとうございました(衣装とって素に戻る)はい、こんな感じでね、すみませんこんな感じでね笑」

そんな崎原さんとまず向かったのが旧具志頭村の住宅街の奥にひっそりとある井戸「屋富祖井(やふがー)」実はこの井戸、ある動物が発見したという言い伝えがあるのですが、さてその動物とは?答えはこのあと。

スーパーバスガイド崎原真弓さんといく八重瀬町のお散歩。やってきたのは、ある動物が発見したという言い伝えがある「屋富祖井(やふがー)」

崎原真弓さん「“犬が発見した泉”と言われています。」

その昔、この地域では日照りが続き住民たちは水不足に苦しんでいました。そんなある日ずぶ濡れになった犬を発見し山の中に入っていくのを追っていくと水が湧き出る泉があったというのです。人々は大いに喜び、山を切り開き設備を施したのがこの「屋富祖井(やふがー)」です。

崎原真弓さん「生きていくために水はないといけませんしね。」「近くのおばあたちからここに住むんだったらちゃんとカーに行ってどこから引っ越してきましたよと報告をしてちゃんと感謝を伝えなさいよと言われたので。」

今も昔もこの場所では水が湧き続け、水とともにあった人々の歴史を伝え続けています。

崎原真弓さん「次はホロホロ―森にいきますよ(植物の)ヤブニッケイのことをこの地域の方たちはホロホロと呼んでいるんです。

住宅街に隣接する「ホロホロ―の森」一歩足を踏み入れると、そこには別世界が広がっています。この森には100種類を超える動植物が生息していて命の森と言われています。癒されながら歩くことおよそ600メートル。そこに広がるのは…

具志頭浜(ぐしちゃんはま)

沼尻キャスター「いやぁ気持ちいいですね!」森を抜けると目の前に広がるのは具志頭浜(ぐしちゃんはま)。穴場ともいえる静かなこの浜にはデコボコのリーフが広がり覗いてみると中には干潮で取り残された熱帯魚などの姿が。街からちょっと離れてみるとこんな天然の水族館があったんです。

沼尻キャスター「さて崎原さん、ここは道の駅ですかね!」崎原真弓さん「やえせ南の駅です歩いたのでお腹がすきましたね。」沼尻キャスター「たしかに!」崎原真弓さん「ここで食事を」沼尻キャスター「お昼ご飯というわけですね、いきましょう!」

昼ご飯を食べにやってきたのは、旧八重瀬町役場の跡地に、おととしオープンした「南の駅 やえせ」

沼尻キャスター「ん?崎原さんこれなんですか?この仲良さそうな商品名 いちゃいちゃ?」崎原真弓さん「これは八重瀬の名物でございます。」

八重瀬町の名物、その名も「いちゃいちゃ」!? 恋人限定…というわけではなくソデイカ(セーイカ)の耳の部分を揚げたもので、イカを「いちゃ」と言うためこのネーミングなのですが… やはりここは…

崎原真弓さん「では沼尻さん、いちゃいちゃですから~」沼尻キャスター(あーんしてもらって)「お昼にもいいですけどお酒のおつまみにもいいかもしれませんね、何よりこうやって食べさせてもらえるとよりおいしいかもしれませんね。」

あーんしてもらって

そのほか、町魚である「トビウオ」でだしを取ったという珍しい沖縄そばも八重瀬町ならでは。

沼尻キャスター(スープを飲んで)「普通の沖縄そばよりは濃いんですけど、しつこくなくさっぱりしている!スープだけでも飲める。」

お腹がいっぱいになったところで、今回のお散歩はここまで!次回はスーパーバスガイドの弟子が登場!?お楽しみに!