高校生アスリートたちの夏の祭典インターハイ。今年は南部九州総体としてあさって土曜日に総合開会式が行われ来月20日まで九州沖縄各地で熱戦を展開します。このうち、陸上競技や、サッカー、なぎなたなど8競技が県内開催!きょうは先行競技としてサッカー男子の開会式が行われました。

サッカー男子の開会式が行われました

選手宣誓 那覇西 仲程飛雄主将「宣誓、平成から令和に元号が変わり、新しい時代が幕を開けました。令和最初の全国高校総体サッカー競技がここ沖縄県で開催され選手として出場できることを誇りに思います。」

金武町中央公民館で行われたサッカー男子の開会式には都道府県大会を勝ち抜いた全国52校が参加。開会式では去年全国優勝した、山梨学院に勝って山梨県代表となった韮崎(にらさき)高校が、代理で優勝旗と優勝杯を返還しました。

サッカー競技には、開催地沖縄からは那覇西と西原の2校が出場。このうち、6月の県大会で優勝し2年ぶり16回目の出場となる那覇西高校は2005年のインターハイ全国準優勝の経験があります。

那覇西 仲程主将「宣誓終わってほっとした気持ちと会場に各チーム代表者が集まって自分たちはやるべきことが明確になったと思う。あさっての試合に向けていい準備して勝ちにいけるように頑張ります。」

宣誓終わってほっとした気持ちと会場に各チーム代表者が集まって自分たちはやるべきことが明確になったと思う。

一方、県大会準優勝校として全国の舞台に挑む西原高校は12年ぶり5回目のインターハイ出場です。

西原高校 玉城主将「全国総体が始まろうとしていると実感しました。」「地元沖縄でプレーできることに感謝して一勝でも多くできるように頑張っていきたいと思います。」

男子サッカーはあすから県内各地で1回戦がスタート。注目の県勢は2校とも、あさって2回戦からの登場です。

那覇西は正午から南風原町の黄金森運動公園で新潟の北越(ほくえつ)と愛媛 新田(にった)の勝者と。

西原は午前9時半から地元西原町民陸上競技場で鹿児島の神村学園(かみむらがくえん)と東京第1代表 国学院久我山(こくがくいん くがやま)の勝者と対戦します。

全国の強豪とわたりあう県勢の熱戦に注目です。また同じく沖縄で開催されるサッカー女子ではコザ高校が出場日曜日の1回戦で宮城県の強豪、聖和学園(せいわがくえん)と対戦します。金武町陸上競技場で午前9時半のキックオフです。

ご覧の8競技が県内で開催されます!

他にもご覧の8競技が県内で開催されます!夏の暑さに負けない高校生の熱い戦いに声援を送って下さい!