美容技術55人が競う

県内の美容師がカットや着付けなどの技を競う大会が7月16日開かれました。

この大会は美容技術の向上や公衆衛生の増進などを目的に美容業生活衛生同業組合が開催したもので、ヘアーの部、着付けの部の6つの競技に現役の美容師や美容師を志す専門学生など55人が参加しました。

参加者たちは、観客が見守る中、スタートの合図とともに一斉に手を動かし、日ごろの練習の成果を披露していました。なお、大会のカット&ブロー競技などの優勝者は10月に兵庫県で行われる全国大会に出場します。