心のバリアフリー進めよう 障害のある人もない人も誰もが暮らしやすい社会のあり方を考えるイベントが14日宜野湾市で開かれました。 イベントでは、音が一切聞こえない聴覚障害を持ちながら銀座のホステスとして働いた経験がある、区議会議員の斉藤りえさんが登壇し、自らの経験を語りました。 斉藤りえさんは「ほとんどの方は、障害者を差別はしてはおらず、それまで接したことがないので、どうしていいのか分からない」と話していました。 斉藤さんは、障害のある人とない人が直接交流して理解を深めることが、大切だと話していました。