こんにちは!まずは高校野球です。台風の影響で、日程が2日間順延した秋季大会。きょう、準々決勝の2試合が行われました。

Qプラススポーツ部 高校野球 準々決勝

コザしんきんスタジアムの第一試合。第1シードの浦添工業を破った嘉手納と12年ぶりにベスト8へ進出した普天間が対戦しました。

嘉手納の先発はエース親泊泰誠。しかし、初回。ランナーを2塁に背負うと、暴投でピンチを広げます。その直後!なんと、連続暴投。普天間に先制を許します。

Qプラススポーツ部 高校野球 準々決勝

しかし、嘉手納は2回に同点に追いつき5回、ランナー1塁、2塁の場面で打席には、キャプテンの平典士!キャプテンの一打で、嘉手納が勝ち越します。

さらに平は7回、再びチャンスに打席が。平のこの日3本目のヒットは、普天間を突き放すタイムリースリーベース!嘉手納が試合を優位に進めます。

Qプラススポーツ部 高校野球 準々決勝

打線の援護を受けた嘉手納のエース親泊は、初回以降立ち直り、7回まで普天間をわずかヒット1本に抑える好投。キャプテンとエースの活躍で3年ぶりのベスト4を決めました。

そのあと行われた第二試合では、夏春連続での甲子園出場を狙う興南が7対0の7回コールドで宜野湾を破り、ベスト4進出を決めました。

あしたは、準々決勝の残り2試合が行われます。