玉城デニー氏が政策を発表

30日の県知事選挙に向け出馬を表明している玉城デニーさんが9月10日、政策を発表しました。

「私たちは国民として等しく平和を希求する権利を行使します。そして、辺野古に新たな基地は造らせません」

政策発表の会見で玉城デニーさんは翁長知事の遺志を受け継いで県が行った埋め立て承認の撤回を支持し辺野古新基地建設阻止をあらためて表明しました。

さらに、誇りある豊かさは基地と振興のリンクでは得られないとして、アジアを見据えた人や物、情報の拠点としての経済の発展、子どもの貧困対策のなど沖縄らしいやさしい社会を実現するとも訴えました。

一方、知事選で事実上の一騎打ちと見られる佐喜眞さんは辺野古移設の是非について立場を明確にしていませんが普天間の固定化は避けなければならないとしています。