ご当地!絶品うまいもん甲子園 沖縄県代表決まる

高校生が地元の食材を使った料理のレシピなどを競う「うまいもん甲子園」の沖縄選抜大会が開かれました。

「絶品うまいもん甲子園」は2018年で7回目。沖縄県勢は2年連続で入賞していて、2018年も書類審査を通過した5チームが、自慢のレシピと調理の腕を競いました。

こちらは珍しい闘牛の肉を使った中部農林高校の「うるまワイドバーガー」。那覇商業高校の「ヘルシーもずく餃子」はアチコーコーでおいしそうです。そして見事優勝し、沖縄県代表に選ばれたのは、ゴーヤーや豚三枚肉をトルティーヤ生地で包んだ宜野湾高校の「カメー!ウチナーの巻」。

メンバーは11月に東京で開催される全国大会に派遣されるほか、参考商品が沖縄県内のファミリーマートで発売されるということです。