辺野古差し止め訴訟 控訴審第一回口頭弁論

辺野古の新基地建設工事の差し止めを求めて、県が国を訴えている裁判の控訴審。4日、1回目の口頭弁論が開かれました。

この裁判で県は新基地建設をめぐる工事について、国が海底の地形を変える工事、「岩礁破砕」を行うには、県の規則に基づき、知事の許可が必要だと訴えています。

4日の法廷で県側の代理人は、前の知事から受けた許可の期限切れが迫るなか、国が「許可は不要だ」とする主張を始めたとして、「法解釈が恣意的に捻じ曲げられた」と訴えました。

これに対し国側は、すぐに裁判を終結し再び訴えを退けるよう求めました。