謝花副知事 骨太方針に新たに鉄軌道を

謝花副知事は政府に鉄軌道導入での協力を訴えました。

謝花副知事は24日、佐喜眞宜野湾市長や琉球大学の大城学長らと官邸を訪れ、菅官房長官に対し、西普天間住宅地区の跡地利用の推進や、自民党政権がまとめる経済・財政運営の指針いわゆる「骨太方針」に、引き続き、沖縄振興策を明記するよう求めました。

要請後、謝花副知事は「是非、この骨太の方針にも鉄軌道の取り組みの推進という文言を入れて頂きたいということを強く要請したところ」と話しました。

これに対し菅官房長官は、鉄軌道についての具体的な言及はなかったものの、要請には「政府としてしっかり取り組む」と応えたということです。

謝花副知事は24日はほかにも同様の要請を関係する省庁や自民党本部に行いました。