アジア経済戦略構想推進計画を改訂

県は23日に沖縄振興推進委員会を開き、アジア経済の発展を沖縄に取り込む成長戦略の推進計画を改訂しました。

改訂したアジア経済戦略構想推進計画では、ITを活用するスタートアップを支援する事業に2017年度予算1億円を投じるなど、実施事業を21件増やすとしています。

また情報通信産業では企業の新規立地数が当初の目標440社をほぼ達成していることから、目標に120社上乗せし「2021年度までに560社」と上方修正しました。

新規事業はそのほか、再生医療産業の開発拠点作りにむけた事業に1億7000万円、県産の農林水産物の輸出戦略の強化に4000万円などとなっています。