JAグループ沖縄から教材を贈呈 子どもたちに農業を身近に感じてもらおうとJAグループ沖縄から教材が贈呈されました。これは、子どもたちの食農教育に役立ててもらおうと、JAグループ沖縄が贈ったもので今回で11回目となります。 今回は「農業とわたしたちのくらし」をテーマに、沖縄の野菜を紹介した教材などおよそ2万4000セットが贈られました。 受け取った富川副知事は「農業は命の源であり、島しょ経済の根幹でもあることを子ども達に知ってほしい」と話していました。教材は今後、県内の全小学校へ配布されることになっていてJA沖縄の大城理事長は「教材が活用され多くの子どもたちが農業に興味を持ち将来の農業の支えになってくれれば」と期待していました。