韓国で「琉球泡盛学講座」を開校 泡盛の魅力を海外に広めようと「泡盛」を学ぶ講座が7月に韓国で開催されます。 4月9日、泡盛の普及団体である「泡盛マイスター協会」が「琉球泡盛学」講座で業務提携を結んだのは、韓国で、飲食の人材育成を行う社団法人です。 韓国で行う講座では沖縄の歴史や泡盛の作り方などを学ぶ学科の他、実際にクースなどを作る実技も行われます。 現在、17人の韓国人が応募していて7月22日に第1回の講座がスタートするということです。泡盛マイスター協会の新垣勝信会長は「泡盛の出荷量が落ちている中、韓国で講座を開催できるのは意義がある」と話していました。