リウボウグループが合同入社式

リウボウグループの合同入社式が4月1日、行われ、新入社員が、仕事への新たな決意を誓いました。合同入社式には、およそ40人の新入社員が出席し、新社会人の一歩を踏み出しました。

式の中で、リウボウグループの比嘉正輝代表は、「創業して今年で70周年。100年企業に向けて、みなさんの持っている力を十分に発揮してほしい」とエールを送りました。

また、新入社員を代表して、リウボウストアの高江洲ちひろさんが、「1日でも早く会社の戦力となり、誇りを持って地域社会に貢献できるよう精一杯努力していきたい」と誓いを述べました。

新入社員たちは、研修を経てそれぞれの職場で、社会人としてのスタートを切ります。