まぶいぐみ写真展

県内の写真家らで構成される「まぶいぐみ」による写真展が始まっています。

「沖縄の海」をテーマにした今回の写真展では、報道カメラマン2人の写真が紹介され、新基地建設が進められている名護市辺野古の海や海の生き物たちの写真など55点が展示され、沖縄の海の豊かさを表現しています。

八重山の海に残るゼロ戦の写真。兵器と自然が共存する違和感を表現しています。

伊禮健さんは「25年近く沖縄の海を記録してきたのですが『記録』にならず今後もきれいな海であり続けたらいい」と話していました。

写真展は1月28日までで、最終日は海の変貌や取材裏話などのトーク会が予定されています。