長寿県沖縄復活へ 若年層にお笑い健康教室

長寿県沖縄を取り戻すためには若者から意識を変えようと高校生を対象にした健康教室が開かれました。

健康教室は、進学や就職などでこれから大きな環境の変化をむかえる高校生を対象に、自らの健康や生活習慣について考えてもらおうと県保健医療福祉事業団が開催しました。1、2年生を対象にした授業では、お笑い芸人が医師の監修のもと漫才を披露。

生徒たちは、クイズに答えながら健康生活への知識を深めていました。受講した男子生徒は「考えさせられる部分もあって笑えたので楽しかったです。」また、受講した女子生徒は「食べることが大好きで今は、部活をやっているので大丈夫なんですけど、今のうちからお菓子の食べ過ぎなどをなくしていきたいと思いました。」と話していました。

若者の意識改革が健康長寿沖縄のカギを握りそうです。