沖縄セルラー 多言語音声翻訳タクシー実証開始

外国人観光客への「おもてなし」の向上を図ろうと、タクシーに音声翻訳システムを導入する実験が始まりました。実験は、沖縄セルラーなどが沖縄県ハイヤー・タクシー協会と行うもので、増加傾向が続く外国人観光客とのコミュニケーション能力向上を目指します。

16日からタクシー50台に3カ国語に対応した翻訳タブレットを設置。空港などのタクシー乗り場から実際に外国人観光客に利用してもらいます。翻訳システムには県内の飲食店やバス停の名前などおよそ3000語が登録されていてよりスムーズな案内が可能です。

実験は2018年3月までで2020年の実用化を目指します。