沖縄セルラー 多言語音声翻訳タクシー実証開始

飛行時間は5時間10分。飛行機を降りると、そこは、「シンガポール!」。17日に就航したのは、ジェットスター・アジア航空の那覇?シンガポール直行便です。

式典で県文化観光スポーツ部の嘉手刈孝夫部長は「今後、多様な地域から多くの人が沖縄を訪れてくれるものと期待しています」とあいさつしました。

午前8時にはシンガポールからの乗客が到着し、ミス沖縄や沖縄観光のPRキャラクター、マハエちゃんなどが出迎えました。

シンガポールから来た夫婦は、「シンガポールからの直行便ですからとても良いと思います。一緒に海辺で過ごしたいと思います」と話していました。

また、17日の那覇からの便は満席で午前9時ごろ、180人がシンガポールに向け旅立ちました。

乗客らは、「(Q何が楽しみ?)観光ですね。セントーサ島とか。最新の遊ぶものがあるということで多分私は乗れないでしょうけど、あはは。みてきます」などと話していました。

ジェットスターの那覇・シンガポール便は週末を中心に週3便運航されます。