台風18号による停電 全域の送電線が復旧

台風18号の影響で、市内の広い範囲で停電が発生していた宮古島地方で9月16日、ようやく市内全域の送電線が復旧しました。

台風18号により、丸一日暴風域に巻き込まれた宮古島地方は、14日未明には宮古島市、多良間村合わせて2万410戸で停電が発生していました。

沖縄電力では、暴風警報が解除された後から復旧作業をスタートさせ、応援要員も合わせておよそ100人体制で急ピッチで作業を進めてきました。そして9月16日正午前に、市内全域の高圧送電線が復旧しました。

しかし、住宅の引込み線やブレーカーの被害のために停電が続いている世帯もあり、沖縄電力では、早めの連絡を呼びかけています。