シンガポール便の初就航を発表

ジェットスター・アジア航空が、那覇とシンガポールを結ぶ初の定期便就航を発表しました。

那覇とシンガポールを結ぶ定期便は11月17日に就航し、週末を中心に週3便運航します。料金は片道1万200円からですが、就航を記念するセールが2日午前10時から行われ、2998円で乗ることができます。

シンガポールからの観光客は、2015年度は5600人でしたが、2016年度は9300人と大幅に増えていて、県ではシンガポールで沖縄の存在意義を高めたいとしています。

東南アジアへの定期便は、2017年2月に就航したバンコクに次いで2カ所目です。