2016年に大規模な白化でおよそ7割が死滅した石垣島の石西礁湖で、19日、サンゴ白化の兆しが確認されました。国内最大のサンゴ礁「石西礁湖」では、2016年の大規模な白化を生き抜いたサンゴも、再び色が薄くなったり部分的に白くなっていてふたたび白化の兆しが確認されました。

石西礁湖でのサンゴ調査に携わる上野光弘さんは「2016年の白化現象のダメージから、色が戻りきれなかったものが、また更に薄くなっている」「今後、高水温が続き台風が来なかったりすると、急激に(白化が)進行すると思う」と話していました。

沖縄気象台によりますと、石垣島周辺では、7月初旬に発生した台風3号でも海水温は下がらず、15日以降、サンゴの白化が始まるとされる30度を超えていて、平年よりも高く推移しています。