3つの意見書・抗議決議可決 

嘉手納町議会は6月7日に臨時議会を開き、旧海軍駐機場での航空機使用禁止などを求める3つの意見書と抗議決議を全会一致で可決しました。

當山均町議は「現在も計4機が旧駐機場を使用していることは、明らかに日米合意違反であり、断じて容認することはできない。激しい怒りをもって抗議する」と抗議文を読み上げました。

全会一致で可決された決議と意見書では、旧海軍駐機場での航空機使用の禁止とSACO合意を遵守することを求めています。

さらに議会では、5月26日に発生したF15戦闘機の部品落下事故と、読谷村で起きたアメリカ空軍の男によるひき逃げ事件に関する抗議決議と意見書も可決されました。