プロバスケットボールリーグ、「Bリーグ」の初シーズンが終了し21日、琉球ゴールデンキングスの選手たちとファンとの交流会が開かれました。

琉球ゴールデンキングスはBリーグ元年、西地区の2位でチャンピオンシップに進出を果たしましたが惜しくも準々決勝で敗退、ベスト8という結果でシーズンを終えたことを多くのファンに報告。岸本隆一キャプテンは「苦しい時に皆さんの声援がすごく力になりました」とファンへの感謝を述べ、初シーズンの激闘ぶりにキッズファンからは花束が手渡されました。

また、交流会ではサインボールのプレゼントや握手会も催されるなどファンにとっては憧れの選手に触れあえるひとときになりました。