リウボウグループの合同入社式が4月1日、那覇市内で行われ、64人が社会人としての誓いを新たにしました。

リウボウグループ11社の合同入社式では、リウボウホールディングスの糸数剛一会長が、「今の時代、世界的にこれまでにない変化が起きています。常に柔軟な発想で対応してほしい」と挨拶。

また、リウボウグループの比嘉正輝代表が、「皆さんの相手はお客様です。人本位主義をモットーに知識を高めてほしい」と激励しました。そして、新入社員64人を代表してリウボウ旅行サービスの宮里大喜さんが、誓いの言葉を述べました。

宮里大喜さん「本日、晴れて私たちはリウボウグループの一員として、それぞれの思いを胸に新たな一歩を踏み出します」「初心を忘れず、信念を持って、日々、頑張っていくことを誓います。」

新入社員たちは、それぞれの職場で、社会人としてのスタートを切ります。