首里城正殿北側の城壁の下に広がる「北城郭東地区」の整備が完了し、3月31日から無料で開放されています。

北城郭東地区は、首里城を描いた古地図や古絵図資料、伝承に基づき復元されました。

このエリアは、元々、畑と雑木林に囲まれていたと伝えられていて、古絵図資料などを元に琉球王朝当時の植栽空間を再現し、首里城を訪れる観光客の休憩の場や、地元の人たちの多目的空間として利用できるように整備されました。

現在、首里城正殿裏のエリアが整備されていて、2年後には全面開放されるということです。