嘉手納基地周辺の航空機騒音による住宅防音工事対象区域の指定基準となる分布図、「騒音コンター」の見直しについて、沖縄防衛局は3月27日2017年度以降に改めて検討することを明らかにしました。

嘉手納基地周辺の3市町村長らは2017年1月、沖縄防衛局に対し、外来機訓練の増加などによって騒音が激化しているとして、住民の不利益にならないよう配慮した見直し作業などを要請していました。

この要請に対し、27日、中嶋局長は、「念入りな確認が必要」だとして今年度中に出す予定だった結論を先送りし、2017年度以降に改めて検討すると回答。また、住宅防音工事についても2017年度予算を増額する方向で調整していることを明らかにしました。