金融機関で強盗を想定した訓練

金融機関での強盗事件を想定した訓練が25日、那覇市内の銀行で行われました。

訓練は、銀行にガソリンのような物を持った男が侵入し行員を脅し、現金を奪って逃走するという想定で行われました。行員は、緊急事態でも慌てないよう声をかけ合いながら、犯人の特徴や逃走方向を細かくメモするという流れを確認していました。

参加した行員は「実際に正しい行動をとれるのか、訓練ながらに怖かったです」と話していました。

訓練終了後、那覇警察署の安里真全生活安全課長は「いざ強盗が発生したらどうするのかを常にイメージトレーニングしてほしい」と呼びかけていました。