16-11-22-03

沖縄の声を本土や海外に届けようと、21日、那覇市で、「報道と表現の自由」をテーマにしたシンポジウムが開かれました。

シンポジウムで基調講演を行った、毎日新聞特別編集委員の岸井成格さんは、最近の報道をめぐる環境について、「もし暴走するなと思ったら取り返しがつかなくなる前にブレーキをかける、そしてストップする。それが知る権利に応えるジャーナリズムの最後の使命」と述べ、安全保障問題などへの批判を封じる姿勢が強くなっていると訴えました。

またパネルディスカッションでは、機動隊員の「土人」発言などを取り上げながら、海外や本土の視点を交えて沖縄の問題について熱い議論が交わされました。