16-10-28-06

テレビ朝日系列24局の番組審議委員が選ぶ「プログレス賞」で、QAB制作の「この道の先に」が優秀賞に選ばれました。

プログレス賞は、テレビ朝日系列各局が昨年度1年間に制作した番組から24局の番組審議委員が選ぶものでQABが2月に放送した「この道の先に」は、優秀賞となりました。

番組は、元日本兵の男性と大学生、そして2人を取材する記者の3人が登場し、私たちが生きる時代・日本の行く末を問うドキュメンタリーとなっています。

授賞式では「戦争の記憶が遠ざかる中、複数の視点で戦争のリアリティを表現している」との講評を得ていました。