台風18号 農林水産への被害8000万超

猛烈な台風18号による農林水産業への被害額がおよそ8400万円にのぼることがわかりました。

県のまとめによると、台風18号による農林水産業への被害額は県内全域で8462万円となっています。内訳としては、さとうきびなどの耕種部門が7657万円、次いで水産関係が船の横転などによりおよそ500万円の被害となっています。

特に最大瞬間風速59.7メートルを記録した久米島町での被害額が大きく、5689万円となっています。

久米島町では5日午前11時現在、およそ850戸で停電が続いていますが、沖縄電力によりますと、5日夜には復旧する見込みだということです。