16-09-18-03

きょう9月18日はしまくとぅばの日です。宜野湾市では、しまくとぅばを使ったお話大会が開かれました。

しまくとぅばの日は、沖縄独特の言葉に親しみ、後世に伝えていこうと2006年に制定され、ことしで10年目です。

きょう開かれた大会には、離島を含む県内各地から20組以上が出場し、各地の言い伝えや時事問題などを島々の言葉を使って発表しました。

この中で南風原町立翔南小学校の大城楓花さんと大城和葉君は、南風原の言葉で「ももたろう」のお話を元気いっぱい披露しました。(2人の発表)「川の向こうから大きな桃が流れてきました。」

訪れた人たちは楽しそうにそれぞれの話を聞いていました。